他の犬と比較しても…。

昔だったらトイレのしつけを行う時に失敗してしまったりすると体罰を加えたり顔を押し付けて怒るなどの手段が知られていました。そういった方式はいまではお薦めはできないです。
きちんとしつけるべきです。とりわけ、ミニチュアダックスフンドのしつけ方法で大切な点というのは、茶目っ気ある性格のことを、きっちりと考慮してあげることだと言います。
噛む原因は、100パーセント近く体罰によるしつけ、奔放にさせたことによる主従の逆転に起因しています。振り返ってみると、甘噛みしているのをほったらかしていたんじゃないですか?
普通、チワワはトイレのしつけ自体も大して苦労はしません。精神的にデリケートな部分もあり、ある程度の期間はシーツの定位置を頻繁に移動しないことが大切です。
秩序なく甘やかすだけではなく、小さいうちから的確にしつけをやっておいたら、犬の世界には柴犬ほど飼い主に従順な犬はいないかも、という程指示に従ってくれることでしょう。

一般的に、チワワのしつけの難点として、「頻繁に吠える」があるようです。戸外で周囲の人とか、犬などに辺り構わず吠えることをして、しつけが欠けている犬がいると思います。
ペット犬との散歩の中でのしつけのトラブルというのは、おそらく2つあります。それらは、共に主従の関係というところにある程度関わっていると思います。
子犬が飼い主などを噛むタイミングは、「噛むのはダメ」というしつけを実践する好機でしょうね。噛まないようでは、「噛んだらだめ」というのをしつけることは困難です。
かつては、しつけができるまでは犬が吠える、そして噛む、に苦労しました。懐いてほしい犬が、いつも吠えるし噛みつくしで、非常に悲惨な思いをしました。
無駄吠えをしつけるおススメの方法などをセレクトしてまとめてみました。無駄吠えによるトラブル、快眠妨害などを起こさないよう、しっかりと訓練してみましょう。

ベーシックなしつけがなされていないと、散歩に関しても主人をひっぱって歩いたり吠え癖が出たり、問題行動が出てくると思います。その原因は、上下の関係が誤って築かれているからです。
他の犬と比較しても、トイプードルはトップを競うほど賢く、明るい性格です。オーナーに従順で懐きやすく、鋭敏な感性を持っているうえ、様々な反応も良いので、しつけをしてやると無理なく身につくでしょう。
仮にトイレとは別のしつけで褒美などを与えているならば、トイレのしつけトレーニングができるまで、しばらくの期間は褒美として餌をあげるのはしないでみることをおすすめします。
例えば、愛犬のしつけが実行されてなければ、ときには他のものは見えないように、熱中してあっちこっち食べ物の臭いを嗅ぎ続けるといった散歩をしなければならないという結果になってしまうことだってあるでしょう。
お散歩することやご飯の時間、犬が喜ぶ時などはそれ自体がご褒美です。こういうイベントの直前におトイレのしつけ訓練を試してみるのもいいと思います。

コメント