最初のお散歩については…。

場・時間に関係なく、飼い主が主人だということを熟知させる為、散歩では、犬の側が人間の行動を気遣って歩くようしつけてあげるのが求められます。
大概の場合、飼い主との主従関係を柴犬は直観で感じるようです。みなさんは飼い犬に遠慮を見せたり、犬に先を譲ったり、そんなことがないように、しつけなどをしっかりするようにしましょう。
飼い主さんに従順な犬と散歩すれば、やはり感心されるばかりか、他のドッグオーナーにしつけの仕方を披露したりしたら、有難がられて、しつけのプロのようにみられるのは明白だと言えます。
犬を飼い始めたころは、しつけを済ませるまでは吠える、または噛む行動に悩んだ経験があります。自分の犬が、私を対象に吠えるばかりか噛みついてくる、もう本当に惨めな思いをしました。
子犬がどこかを噛んでくるタイミングは、「噛むのはいけない」というしつけを行う持って来いのチャンスだと考えます。噛んでくれないようだと、「噛むことは許されない」というしつけを実践することが困難になります。

子犬の頃から威厳をもつよう、しつけをしていくと、賢いトイプードルは上にたつ飼い主の指図を絶対に守る、という間柄へと発展するのではないでしょうか。
大きくなった犬であろうと、トイレばかりか他のしつけも問題なくできます。その前に、迎え入れた犬が新たな環境に慣れ親しむのが重要でしょう。
犬の中には、欲求などを満たしているはずなのに、王様気分で飼い主からの注目を集めようと、無駄吠えを繰り返すようになった犬がいることも真実です。
無駄吠えはあまりなく、人懐っこく飼いやすいと思われていますが、ラブラドール犬はなんといっても大型犬である以上、主従関係のしつけを怠ることなく、大事なしつけも適格にしましょう
愛犬をしつけたければ、吠えるまたは噛むのは、どんな理由でそうやっているかという点を突き止めて、「吠えることは悪いこと」「噛むのは良くない」としつけていくことが必要になってきます。

子犬の時に、キッチリと甘噛みをするのは許さないとしつけを受けなかったペットは、成犬になっているのにいきなり軽めに飼い主などを噛むことがあるみたいです。
最初のお散歩については、子犬のすべてのワクチンを終えてからしてください。しつけの方法に失敗すると、愛犬との暮らしがかなり負担になってしまうでしょう。
他人や他の犬に吠えるなどの諸問題を減らすしつけなのですが、クリッカーなどのグッズを使いこなして、褒める行為をやって、ペットのしつけをしましょう。
子犬であれば、欲しいものがあるときの「要求咆哮」が多いようです。かと言って、行き過ぎのようなしつけをしてしまったら、「威嚇咆哮」をしてしまうこともあります。やり過ぎてはいけません。
リーダーウォークのトレーニングは散歩のしつけの手段ではありません。みなさんと犬の主従の関係を築く一種の戦いだと言えるでしょう。なので、気負いすぎては良い結果が出ません。

コメント