kein

NO IMAGE 未分類

基本的に柴犬のしつけのトラブルで多いのは噛み癖のようです…。

普段から犬が吠える理由や環境を観察するなどして、その原因を除去するなどして、きちんとしつけをすることこそ、チワワたちの無駄吠えといったものを減らす一番の方法でしょう。場合によっては、トイレ行為をすることに関わる病気ではないか、獣医と共に健診...
NO IMAGE 未分類

チワワを飼っている人たちのしつけ中の問題点に…。

可愛いからと好き勝手にさせず、子犬から充分にしつけを実践していたら、世界には柴犬ほど飼い主に従う犬などいない、と言っても過言でないほど飼い主に応えてくれます。通常成長していくと、ポメラニアンはそれなりに聞き分けも良くなるでしょう。しつけの方...
NO IMAGE 未分類

しつけを行う際の要注意点ですけれど…。

育てる際は、褒めたりすることが一番ではないでしょうか。トイプードルという犬は、聡明で陽気な犬種ですから、長所をさらに伸ばすようなしつけ方法が適しているはずです。トイレと言えば、ペットが自発的に同じ場所で便や尿を出すことですから、しつけ訓練は...
NO IMAGE 未分類

基本的なしつけを受けていないと…。

的確にしつけることが必要だと思います。例えば、ミニチュアダックスフンドのしつけに関して重要なポイントは、やんちゃな性質について、なるべく知ろうとすることでしょうね。飼い主の皆さんは、散歩のときの拾い食いをすることで愛犬との暮らしが危険にさら...
NO IMAGE 未分類

最初のお散歩については…。

場・時間に関係なく、飼い主が主人だということを熟知させる為、散歩では、犬の側が人間の行動を気遣って歩くようしつけてあげるのが求められます。大概の場合、飼い主との主従関係を柴犬は直観で感じるようです。みなさんは飼い犬に遠慮を見せたり、犬に先を...
NO IMAGE 未分類

お散歩することや餌を食べること…。

トイプードルを甘やかして育てると、トイプードルは思い違いをして上位に立っていると感じ、遠慮なく噛みついてしまうことさえあります。最初からトイプードルの噛み癖というものは、必ずしつけを済ませないとならないようです。飼い主さんが吠える犬のしつけ...
NO IMAGE 未分類

怒ったり…。

ワンコのお散歩デビューは、子犬ワクチンの後にした方が良いと考えます。しつけに失敗すると、犬との暮らしというのが悲しいですが、ストレスと感じてしまうようです。ご家庭で「このままじゃ聞き分けが全くない」「物事の善悪を教えたい」などと思い、保護者...
NO IMAGE 未分類

大概の場合…。

今後、吠える犬をしつけようというのであれば、吠える癖のある愛犬の本質をしっかりと納得した後で、取り組まないとダメでしょう。根本的なしつけの一歩です。その他しつけするべきなのは、飛びつきですね。遊び気分で、急にラブラドールが飛びついてしまって...
NO IMAGE 未分類

痛みに強い犬が痛みがあって鳴くのは…。

決まった時間の散歩、食事の時間など、犬にとって喜ばしい時間といったものは褒美と言えます。それを踏まえてイベント前にトイレのしつけ訓練をするようにしても効果があるでしょう。 利口な犬種のトイプードルなので、飼う際の苦労はあまりないようです。...
NO IMAGE 未分類

可愛らしい子犬に対しては…。

人とチワワとがちゃんと共存するためにこそ、それなりに社会性を教えなければいけません。その社会性は、小さい子犬の頃からしつけないとだめです。よく、チワワのしつけの際に、「しばしば吠えてうるさい」というのがあって、家を出ると、道行く人や犬にやた...